高校生の夏休みで英語が書けるようになるには?日記!5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生の夏休みを効率よく使うには、大学受験の夏期講習や短期留学?それだけじゃないんです。自宅にいながら、英語が書けるようになるには、英語日記をスタートしましょう。英語が苦手でも、初心者でも30日間の英語を書くコツを紹介します。

 

高校生の夏休みで英語が書けるようになるには?日記!

sad-woman-1055092_640

アナタは、英語を書くことは得意ですか?もしくは、好きですか?初心者さんでも英語に苦手意識があっても、英語力をグンと上げたいなら、夏休みに『英語日記』をスタートさせましょう。

 

英語が書けるようになるメリット?

自分で自分の言いたいことが英語で書けるようになると、自然と英語が話せるようになります。頭の中で考えて、英語で文章を組み立てることで、英語に苦手意識がなくなります。

 

今回は、英語日記が楽しく続けることができるコツ5つを紹介します。

 

1.英語が書けるようになるには?好きな場所へ!

writing-2317766_640

自分のお気に入りのノートや手帳、手書きじゃなくてもブログをスタートしたり、ツイッター、Facebook、Instagramでも大丈夫です。ポイントは、自分がスキ!って思うモノを選びましょう。必ず、紙媒体にする必要はありません。

 

夏休みに楽しくなるような、日記帳を用意してもいいですよね。

本格的に、日記を書きたいなら、書くのが楽しくなる鍵付きの『日記帳』を選んでもいいですね。

英語に苦手意識がある人は、ソーシャルメディアで英語日記を書くと続きやすいですよ。

home-office-336378_640

ソーシャルメディア(Twitter、Facebook、Instagram)を使えば、お友達や世界中の人と交流することができるので、モチベーションが持続しやすくなります。

 

2.英語が書けるようになるには?好きな文字数で!

social-media-1405601_640

英語日記をスタートするなら、文字数にはこだわらないことです。1ページを英語で埋めないといけない!と思うと気が重くなるので、自分が書きたいことや感じたことを書いたら、終わりするのがコツです。気軽にスタートしたいなら、Twitterが手軽です。

 

ツイッターは、日記というよりはつぶやきなので、感じたことを英語で発信するのカッコイイですよね。それも長文である必要はありません。

It’s so hot, I’m melting!

暑くて溶けちゃうよ

 

これだけでも、英語日記としてカウントします。英語苦手な初心者さんは、ツイッターを使ってみましょう。

 

3.英語が書けるようになるには?楽しむこと!

child-428690_640

英語日記を続けるコツは、楽しみながら実践することです。「夏休みなのに、英語やりたくない!」と考えないで、普通の夏休みも満喫しましょう。そこで、「これは英語で何て言うんだろう?」を考えましょう。

 

例えば、海水浴に行ったなら、何が楽しかったのかを考えてみましょう。

  • BBQが楽しかった
  • 海が綺麗だった
  • 波が大きかった

最初は、日本語で考えてそれを英語にします。

  • I had really enjoyed BBQ
  • Beach was beautiful
  • The waves were great.

 

これだけでも立派な英語日記です。手帳やメモ帳にさっさと書いても大丈夫です。

 

4.英語が書けるようになるには?基本を覚えよう!

English Key Means Language

英語は難しい?と思っているなら、基本表現をマスターしましょう。

want to

ーしたい。

I want to watch TV.

私は、テレビが観たい。

 

should

ーするべき。

I should go to bed early.

今日は、早く寝るべきだな。

 

can

ーできる。

I can cook.

私は、料理ができます。

 

have to

ーしなきゃいけない。

I have to study for the test.

テスト勉強しなきゃ。

 

might

ーかもしれない。

I might have to cook tonight.

今夜は料理しなきゃいけないかも。

 

would

自分だったらー

I would not go to a fast food restaurant.

自分だったら、ファーストフードには行かない。

 

used to

昔はーしてた。

I used to play football 

昔は、サッカーをしてた。

 

should

おそらくーはず。

This should be okay

これだ、大丈夫なはず。

 

wonder

ーかなぁ。

I wonder if she likes me.

もしかして、彼女は僕のこと好きなのかなぁ。

 

should have

ーするべきだった。

I should have called my mother.

お母さんに電話するべきだった。

 

must

ーに違いない。

My father must be angry.

お父さんは、怒っているに違いない。

 

wish

ーだったらいいのに

I wish I was rich.

お金持ちだったらいいのになぁ。

 

基本表現を組み合わせると、英語日記が楽しくなるので1つ表現が使えるようになったら、過去形にも挑戦してみましょう。

例えば、

I wanted to watch TV.

But I have to study for the test.

テレビが観たかったけど、テスト勉強しなきゃ。

 

これで表現のバリエーションが増えました。いろんな組み合わせに挑戦してみましょう。

 

 

5.英語が書けるようになるには?間違いを恐れない!

students group study

なんでも完璧にこなす必要はありません。ソーシャルメディアでも、日記帳でも、間違えても大丈夫です。間違えた英語を書くのを恐れて、書かないよりも、書いた方が英語は覚えます。間違いを指摘されても恥ずかしいことではありません。少しずつ、覚えていけば大丈夫です。

 

私たちは、英語の話せる日本人です。

筆者がアメリカ留学中に、「お、英語頑張ってるな」って感じた留学生は、間違えても果敢にチャレンジして、大学を卒業する頃には、ネイティブスピーカーと対等にディベートができるようになっていました。間違いから学ぶことで、アナタの英語はグンと伸びます。

 

夏休みに英語日記で英語力を伸ばしましょう。

Aida Minamoto


  • ©大学偏差値マップ