(保存版)オススメ!「自分で留学する」メリット・デメリット4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学エージェントを通さないと留学できないできないと思っていませんか? 実は、留学の手続きは自分で1人でもできます。語学留学のみじゃなくて、海外大学へ留学することも可能なんです。実際に自分で手続きして留学した筆者が教えるメリット・デメリットをチェックしていきましょう。
 


 

スタディサプリ大学資料請求キャンペーン

株式会社リクルートが運営する「スタディサプリ進路」では、高校生限定のお得なキャンペーンを実施中!

大学の無料資料・パンフレット、願書などをまとめて7校以上請求すると、
もれなく全員に500円分の図書カードをプレゼント!

大学の資料を取り寄せて、お得に徹底的に大学をリサーチ・比較して、
「自分の本当に行きたい大学」を見つけましょう。

→スタディサプリ進路で資料請求する

Sponsored Link

■:「自分で留学する」するメリット1(費用が安い)

sales-1336000_640

 

留学エージェントを通すと高くなってしまうのは、“人件費”があるからです。でも、自分で全ての手続きをして留学したら、人件費が0円になるので、本当に必要な費用だけなので、安くなります。筆者は、留学エージェントで見積もりを取った後、「ちょっと高いな」の気持ちから自分で手続きをして、30万ほど安くなりました。

 

 

■:「自分で留学する」メリット2(英語力が上がる)

team-1151248_640

 

自分で手続きをすると決めたら、現地の学校やホームステイ先とのやり取りは、全てが自分です。英語の授業と違って、わからなくても先に進んでくれないのです。だから、自然と英語力が上がります。電話やスカイプなどで、現地のスタッフと音声通話になることもありますが、わからない時には相手に伝えましょう。

留学生の担当者は、語学ができない人の対応に慣れているので、恥ずかしがらずに何度も聞きましょう。丁寧にお願いしたら、現地スタッフもアナタの留学に協力してくれます。

 

<英語でお願いフレーズ>

Could you say that again , please?

もう一度お願いします。

Please mail me for  double-checking.

確認のため、メールをください。

 

 

■:「自分で留学する」デメリット1(自己責任)
business-1427801_640

 

留学エージェントを使わないので、学校の選択肢は増えます。たくさんある選択肢の中から、自分の希望にあった学校を選んで、契約するのは自己責任です。よく調べないで契約すると、他の学校が良く見えたり、追加料金の項目を見落としていたり、注意すれば防げるミスなので、自分で留学をする場合は、念入りに下調べをしてから、契約しましょう。

 

 

■:「自分で留学する」デメリット2(時間がかかる)

eu-1473958_640

 

自分で留学するのは、時間がかかります。どこの国に、どのくらいの期間で、何をしたいのか?これを決めるのも、自分。学校の見積もりや比較を考えるのも、自分。海外の学校では、入学時期が日本と違うので、スムーズにいかないこともあります。

素早く効率的に“留学”をしたいなら、留学エージェントが安心です。

 

 

Sponsored Link

■:自分で留学した方ががいい人は?

education-1651251_640

 

自分で留学した方がいい人はどんな人?

以下をチェックしましょう。

 

(1)安く留学したい

(2)相談できる人が近くにいる

(3)語学力に自信がある

(4)積極的に発言できる

(5)人見知りしない

 

自分で留学の手続きをするのは、そんなに難しいことじゃないんです。ちょっと頑張ったら、誰でもできるし、自分で留学することができたら、自信を持つことができます。全部が自分の責任だと知っている人は、不平や不満を言わないので、成功している人が多いです。

 

『インターネット+行動力+語学力=留学』

本当に、これだけで大丈夫です。英語知識ほぼ0だった、筆者も留学することができました。今ではそれを応援する立場で記事を書いています。不安や辛いこともありますが、絶対に楽しい時間になりますよ。頑張ってくださいね。

Sponsored Link

 

Aida Minamoto(筆者)

 


  • ©大学偏差値マップ