(保存版)大学から「交換留学」するメリットとデメリット4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学から「交換留学」をする? 受験勉強に忙しかった高校時代と違って、大学生になると時間の余裕もできるし、学費免除や奨学金返済不要の特典もあるので、魅力ですよね。でもその前に!留学経験者の筆者が教えるメリット・デメリットをチェックしていきましょう。
 

 

スタディサプリ大学資料請求キャンペーン

株式会社リクルートが運営する「スタディサプリ進路」では、高校生限定のお得なキャンペーンを実施中!

大学の無料資料・パンフレット、願書などをまとめて10校以上請求すると、
もれなく全員に1000円分の図書カードをプレゼント!

大学の資料を取り寄せて、お得に徹底的に大学をリサーチ・比較して、
「自分の本当に行きたい大学」を見つけましょう。

→スタディサプリ進路で資料請求する

Sponsored Link

■:大学から「交換留学」するメリット1(学費免除・奨学金)

business-742611_640

 

国際化を奨励している大学では、学費が全面的に免除だったり、ホームステイ先もボランティアなので無料だったり、一般的な留学に比べて費用が“激安”です。返済不要の奨学金もあったり、とても魅力的です。

 

■:大学から「交換留学」するメリット2(単位認定)

teacher-1280975_640

 

大学の「交換留学」は、協定校ネットワークを使って、学期ごと・履修年ごとの単位が認定されるんです。留学中に、現地で学んだ“単位”を日本の大学に振り替えて、使えるから、帰国しても復学がスムーズで、安心できるシステムなんです。

 

■:大学から「交換留学」するデメリット1(難易度が高い)
books-1012088_640

 

大学の「交換留学」は、難易度が高いです。各大学によって、規定が変わりますが、英検1級、TOEFL、IELTSの点数や在学中の単位取得要件が厳しく設定されています。これは、現地で“一般の生徒”同様に、授業を受けるレベルを期待しているからです。

 

英語だけ勉強したい人は、夏休み中に“語学留学”した方が気軽で、楽しいですよ。

 

Sponsored Link

■:大学から「交換留学」するデメリット2(単位認定)

studying-951818_640

 

これは前述したメリットにも書きましたが、単位は認定されるのが前提ですが、明確な基準がありません。日本の大学では1・2年生で、一般教養を履修。3年生から、専門科目を勉強するシステムが一般的ですよね。だから、比較的時間のある1・2年生の時期がオススメです。しかし、タイミングが合わずに、3年生で留学した場合はどんなリスクがあるのでしょう?

 

例えば、法学部の学生が3年生をアメリカで過ごして、法学部の単位の認定を受けれるか?

 

アメリカでは、「法学」は大学院から勉強するので、法学部が存在しません。単位認定は、各大学の規定や教授会によるので、認定されることはあっても、実際にその後に役に立つかは不明です。法学部の学生がアメリカの大学の政治・経済の単位を振り替えても、日本の大学の「法学部」卒業要件の必須単位は足りなくて、“留年”してしまったなんてこともあるんです。

 

■:大学から「交換留学」を使った方がいい人は?

young-791849_640

 

大学から「交換留学」を使った方がいい人はどんな人?

以下をチェックしましょう。

 

(1)大学1・2年生

(2)単位取得数が一定数以上

(3)語学力に自信がある

(4)積極的に発言できる

(5)人見知りしない

 

Sponsored Link

大学から「交換留学」のメリット・デメリットを理解した上で、上手に使えば“就職活動”で有利だったり、現地の大学に編入することもできるので、一般受験より楽に入れたりします。また、 “留学”や一定の“語学力“を卒業要件にしているの大学もあるので、受験前に調べておくといいですよ。素敵な留学にしてください。

 

Aida Minamoto(筆者)