子供が「留学したい」と言い出したら?親がやるのはコレ5つ!

子供が急に「留学したい!」と言い出したら、どうしますか? 費用も高いし、海外に子供を留学させるのは心配。「すぐに飽きて帰ってくるんじゃないかしら」絶対に失敗しない”留学”にするには、お父さん・お母さんの対応が大事なんです。海外大学卒業の筆者が教える“親のやるべきこと5つ”を紹介します。
 


 

new-york-1031411_640
 

【受験生必見】資料請求で3000円分の図書カードプレゼント!

リクルート運営「リクナビ進学」がオトクなキャンペーンを開催中!
大学の無料資料・パンフ、願書をまとめて5校取り寄せた人に3000円分の図書カードをプレゼント!

大学の資料を取り寄せて徹底的にリサーチ・比較し、「自分の本当に行きたい大学」を見つけましょう。キャンペーン期間は2017年1月31日14:59まで

→リクナビ進学で資料請求する


Sponsored Link

■:1子供の留学したい気持ちを「否定しない」

man-451289_640

子供が突然「留学したい!」と言い出したら、まずは否定しないことが大事です。子供の成長過程で、自立心や自尊心が芽生えた証拠だと思って、否定をせずに話しを聞いてあげることから、始めましょう。お子さんの年齢に合わせて、留学の期間や場所を選べばそんなに難しいことではありません。

 

例えば、まだ小さなお子さん(小学生程度)である場合は、旅行を兼ねて『親子留学』で短期間で海外留学に行くことができます。中学生なら、短期のホームステイを夏休みにさせるなどの対応ができます。高校や大学を海外で過ごしたい場合は、深く話し合って理解をしてあげましょう。

 

■:2子供の留学したい気持ちを「プレゼン」させる

meeting-1184892_640

子供の留学したい気持ちを聞いてあげたら、子供に「プレゼン」をさせましょう。留学で一番失敗するケースが「なんとなく」で海外留学に行かせてしまった場合です。子供に「プレゼン」をさせることで、子供の気持ちや志望動機に気づくことができるんです。

 

お父さん・お母さんが率先して質問を与えて、年齢に応じて時間を与えて「プレゼン」の準備をさせましょう。

 

(1)いつ留学したいのか?

(2)どこに留学したいのか?

(3)なぜ?そこに留学したいのか?

(4)どのくらいの期間、留学したいのか?

(5)どのくらいの費用がかかるのか?

 

子供なりに考えた答えを「プレゼン」できたら、褒めてあげましょう。ここで頑張って、両親を説得できなければ、海外留学に行っても”やる気”が持続しないので、途中で帰ってきます。

 

Sponsored Link

■:3子供の留学先を「リサーチ」させる

london-530055_640

子供の希望の留学先を「リサーチ」させましょう。リサーチの内容は、子供の年齢に応じて認めてあげましょう。

例えば、ロンドンならイギリス文化や気候、経済ニュースなど、関連する情報をリサーチさせて、イメージができるようにしましょう。

 

解答例

・ロンドンは、紅茶文化があるので、お母さんの好きな”紅茶”をお土産にできる。(小学生)

・ロンドンは、サッカー好きの僕には魅力的。(中学生)

・ロンドンは、EU離脱のニュースが発表されてから、貨幣価値が下がっているので、円を持って支払いをすれば、留学費用が抑えることができる。(高校生以上)

 

■:4子供の留学に「協力」させる

piggy-bank-1047216_640

留学先や期間が決まったら、子供に協力させましょう。子供の年齢に応じて、協力させるレベルを調整しましょう。全ての費用を両親が出すのが当然だと思って、留学に行くと怠けてしまう原因になります。

 

・毎日、家事をお手伝い。(小学生)

・お小遣いから貯金させる。(中学生)

・バイト代から一部を支払いさせる(高校生以上)

 

Sponsored Link

■:5子供の留学を「サポート」する

family-1466262_640

子供の留学は、お父さん・お母さんのサポートなしには成功しません。子供が頑張って、海外留学の意思を示したら、協力してあげましょう。経済的に難しい場合は、奨学金や学資ローンが使えるので、検討しましょう。

 

【参照】

海外留学奨学金検索サイト

教育一般貸付(国の教育ローン)