まだ”TOEIC”信じてるの?誰も教えてくれない留学のホント

留学を考え始めたり、英語を勉強していると『TOEIC』を良く聞くようになりますよね。お友達同士の会話でも「TOEICは、何点だった?」って、普通に会話したりしていますけど、実は『TOEIC』って、留学に役に立たないって知っていましたか?
 

dog-734689_640
 

TOEIC留学を考えている?

TOEICの点数を上げるために、留学を考えているなら、リスニングのスコアが劇的にアップするので、短期的に語学留学をするのは問題ありません。しかし、TOEICは世界共通の英語ツールではないんです。

TOEICが高ければ英語能力が高いって思いがちですが、海外の大学へ留学するためには、TOEICのスコアが役に立たないんです。国や大学によって、英語能力を示すテストがありますが、一般的には 『TOFEL』や『IELTS』が提出条件になっているんです。

 

【受験生必見】資料請求で3000円分の図書カードプレゼント!

リクルート運営「リクナビ進学」がオトクなキャンペーンを開催中!
大学の無料資料・パンフ、願書をまとめて5校取り寄せた人に3000円分の図書カードをプレゼント!

大学の資料を取り寄せて徹底的にリサーチ・比較し、「自分の本当に行きたい大学」を見つけましょう。キャンペーン期間は2017年1月31日14:59まで

→リクナビ進学で資料請求する


Sponsored Link

TOEICスコアは日本の大学では役に立つ?

『TOEIC』のスコアは海外の大学では役に立ちませんが、日本の大学であればTOEICスコアを評価してくれる大学もあります。中には、600点以上を卒業条件にしていたり、大学院であればプラス要素として、加点評価してくれる場合もあります。

 

TOEICスコアは就職活動では役に立つ?

英語を使う職場や外資系企業であれば、TOEICスコアはアピールすることができますが、TOEICが何点以上だから、就職が内定すると考えるのは、危険ですよ。最初の書類選考で、TOEICのスコアが高いから、審査が通りやすくなることはあります。

人事は、TOEICのスコアよりも、実力を重視している傾向にあります。

例えば、700点の人と900点の人ではスコアからすると高い人が有利だと思いますよね?実際には、スコアが高くても、実務的に英語を使える人であれば、700点の人の方が有利なのです。

例:『900点で話せない人<700点で話せる人』

TOEICスコアを気にするよりも、実務的なスキルを磨く方がオススメです。

 

Sponsored Link

TOEICスコアは何のためにあるの?

TOEICは、テストの開催頻度や知名度が高いので、日本でも信頼度が高いんです。しかし、TOEICがメジャーな国は、日本と韓国だけなんです。「じゃあ、ナンデ受験しなきゃいけないの?」その疑問、わかります。

ダイエットを始める時には、体重を測って運動や食事を気をつけますよね?そこから、努力して体重が減ったことが成果として、目に見えます。TOEICのスコアは、体重計としての役割をしているんですが、それが日本でしか使われていないということをメディアや留学エージェントは、教えてくれないんです。

もちろん、英語力が上がっていくのが目に見えてわかるので、勉強する励みになります。それと同時に、実務的な英語力も勉強していくと、留学や就職で役に立つ力になります。


Sponsored Link

 

いかがでしたか?

最近の英語学習ブームで、安い費用でフィリピンへTOEIC留学するコースやTOEICの短期留学を旅行感覚で受けることができますが、何点以上取れたら、「絶対にこの大学に入れる」や「この仕事ができる」と考えるのは、危険ですよ。英語学習は、努力を続けることで“結果”がついてきます。

勉強をしているとストレスになってしまいますが、結果よりも自分が頑張っている過程を褒めてあげるようにして、無理しない範囲で努力すると気づいたら、高いスコアになっています。計画的に、ゆっくりやっていけば、大丈夫です。筆者はTOEICを独学で勉強して900点を取得しましたが、努力を続けたら、誰でもスコアは上がるんです。英語学習を楽しみましょう。