大学偏差値マップ|大学偏差値ランキング2016/2017

スポンサードリンク

管理人あいさつ

大学偏差値マップは、大学受験に役立つ情報をお届けしているサイトです。
国立大学、早慶、MARCH、日東駒専、関関同立といった有名大学はもちろん、全国の大学について、学部別の偏差値情報を一覧にしております。
偏差値以外も、各大学の所在地や概要、評判、特徴、出身著名人、オープンキャンパスの日程などの情報も公開しており、志望大学について詳しく知れるようになっています。
また、大学受験や大学生活に関する最新ニュースも公開しております。

志望大学に合格するためには、その大学を徹底的にリサーチすることが重要です。
また、その大学ではどのようなことを学べるのか、どういった大学生活を送れるのかを知り、進学する明確な目的を持つようにしましょう。
徹底的にリサーチしておけば、入学後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。
「受験合格」をゴールにせず、さらにその先を見据えた実りある大学受験をしてくださいね。

これから大学受験を控えている方や、大学生活を送る方は、大学偏差値マップに公開している情報を是非ご参考ください!

【受験生必見】大学の資料請求で500円分の図書カードプレゼントキャンペーン

志望校を探している高校生にお得なキャンペーンをリクルート運営「リクナビ進学」が開催しております。
なんと、大学の無料資料・パンフ、願書取り寄せをまとめて7校行うだけで・・・!
もれなく500円分の図書カードがプレゼントとしてもらえます!!!

大学の資料・パンフを読み込むことでその大学について詳しく知ることができます。
7校それぞれを徹底的にリサーチ・比較し、「自分の本当に行きたい大学」を見つけましょう。
志望校が明確になると、受験勉強も楽しくなりますよ!!

キャンペーンは2016年12月27日14:59までの期間限定となっております。
ささっと資料請求いて500円分の図書カードをゲットしながら、志望校選びに役立てましょう!!!

→リクナビ進学で資料請求する


大学偏差値マップにはどんな情報が詰まっている?

pixta_11926248_500

大学偏差値マップには有名大学なら東大(東京大学)、京大(京都大学)を始め、早慶上理(早稲田大学、慶応大学、上智大学、東京理科大学)、GMARCH(学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大額)、産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)の学部、コース別の情報を中心に各地域に1校ある国立の駅弁大学偏差値情報やオープンキャンパス情報、受験シーズンになると出願状況や解答速報、口コミ情報を更新しております。

大学受験で頑張っている学生さんが調べたい情報をいち早く調べられるように現役大学生と一緒にどういう情報を受験時代調べたか?など自分の経験を元にサイト更新しております。

当サイトのブログでは「元某有名予備校校舎長」経験のあるスタッフによる勉強法などもブログで更新しております。元校舎長ブログはサイドメニューから御確認いただけます。
大学偏差値マップは高校偏差値マップ等の類似サイトとは関係ございませんので、当サイトへのお問い合わせは当サイト「大学偏差値マップ」にお願いします。また目玉のコンテンツとしては2016年2017年の大学別偏差値情報とオープンキャンパスにどうせ行くならいろんな大学を一日で回りたいという方に便利な大学オープンキャンパス情報もあり、日時別で公開しております。 東京都の大学を中心に大学別の学費情報や奨学金の情報も提供しております。

入試にはAO入試等の方式もございますので、そちらの情報や日本国家の経済情報も踏まえて幅広いジャンルの情報を更新してまいります。これからも偏差値マップをドンドンご利用ください。
また、お問い合わせページもご用意しておりますので、こんな情報を更新してほしい等の要望もお待ちしております。

偏差値とは

大学受験や高校受験など、受験の際に多くの受験生が悩まされるのが、「偏差値」ですよね。
偏差値に一喜一憂するのが、受験生あるあるではないでしょうか。
ですが、偏差値を正しく理解しているかというと、そういう訳ではないですよね。
偏差値は統計学が使われています。
学校の先生や、受験生の保護者の方も、「偏差値とは?」という質問に答えられる!という人は少ないでしょう。
ここでは、その偏差値について分かりやすく説明していきたいと思います!

 

偏差値とは、【50を平均に設定してテストの成績を確認する方法】です。
偏差値が50より上だと、平均と比較して上位の成績で、50以下の偏差値の人は、平均よりも低い成績です。
「偏差値を出さなくても、点数や順位で自分の成績は分かるのでは?」と思った人も居るでしょう。

 

なぜ偏差値を使うのでしょうか?
点数や順位は、テストの難易度や環境が違うと比較できません。
ですが偏差値は、難易度や環境の違うテストの成績を同じ基準で確認、比較することができます。
なので、前回受けたテストや次に受けるテストと比較して、成績を正確に確認することができるんです。

偏差値の出し方

偏差値とは?という疑問が解決したところで、次は偏差値の出し方について解説していきたいと思います。
【偏差値の計算式】偏差値=(個人の得点-平均点)÷標準偏差×10+50
標準偏差とは、テストを受けた人のデータがどれだけバラバラなのかを表す数値の1つです。

 

いきなり計算式や標準偏差という言葉が出てきても分かりにくいですよね。
例をあげて、実際に計算してみましょう。
平均点が55点、得点が60点、標準偏差が30の場合は、
(60-55)÷30×10+50=51.66666667
なので、この場合の偏差値は51.6になります。

 

普段何気なく見ている偏差値も、こうやって理解すると面白いですよね。
偏差値をより深く理解するためには、統計学を学ばなくてはいけません。
統計学を学べるのは、みなさんが目指す大学です。
日常のふとした疑問を探求していく事が、大学での学びにつながっていきます。

 

受験生のみなさんが志望する大学に合格できるように、
偏差値マップはこれからも大学受験に有用な情報をお届けします!

 


スポンサードリンク